クレチュールジュレローション 成分

MENU

クレチュールジュレローションの成分はいいものばかり?

クレチュールジュレローションの成分

クレチュールジュレローションは高保湿だとは言いますが、一つ気になるのは乾燥肌の中でもインナードライの人。インナードライの人って本当に保湿するのが難しいですよね。クレチュールジュレローションについてはインナードライにも良い成分が入っているのでしょうか?

 

クレチュールジュレローションの成分がもしもインナードライにも良いならその成分は何が良いのかも知りたいですね。ここでは、クレチュールジュレローションはインナードライにも良い成分が入っているのかどうか確認してみました。

 

インナードライとは?

そもそも、インナードライとはどのような肌質のことを言うのでしょうか?インナードライって時々きくけどよくわかりませんよね。

 

インナードライとは、肌の表面はオイリー肌になっているのですが、角質層などの肌の奥の部分については乾燥肌になっているという人のことを言います。ちょっと複雑な肌質ということですね。

クレチュールジュレローションにはインナードライにも良い?

では、クレチュールジュレローションについてはインナードライの肌質の方にも効果があるのかというと、結論から言えばインナードライの人にも効果があります。そのため、いつも自分の肌がテカついているのになぜか顔がカピカピする感じのある方には一度は使ってみていただきたい商品です。

インナードライにも良い成分とは?

クレチュールジュレローションはどうしてインナードライに良いのかというと、美容の三大保湿成分が惜しみなく入っているからです。美容の三大保湿成分とは下記の成分になります。

セラミド

クレチュールジュレローションでは、瞬発型セラミドと増殖型セラミドをナノ化して配合していますので、ただでさえ浸透力の高いセラミドですが更に浸透がよくなっています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸というと、高い保湿効果があって1滴あれば6リットルもの水を潤すことが出来ると評判ですが、そのヒアルロン酸をクレチュールジュレローションでは3種類も配合しています。

コラーゲン

最後はコラーゲン。コラーゲンは粒子が他の保湿成分よりも大きいですがその分肌に蓋をするのが得意ですね。そんなコラーゲンについても3種類も配合しています。

 

以上が、クレチュールジュレローションに配合されている保湿成分になります。

クレチュールジュレローションはインナードライにも効果ありだった!

ここでは、クレチュールジュレローションについてはインナードライの肌質の方でも潤い効果が持続するのか確認してみました。すると、インナードライの人でもちゃんと潤いを与えることが出来ることが分かりました。

 

その理由は、クレチュールジュレローションに含まれている三大保湿成分が原因でした。クレチュールジュレローションの保湿成分は、セラミドをナノ化したりヒアルロン酸などを三種類も配合したりしているのでインナードライにも効果があるのでした。

 

>>クレチュールジュレローションの最安値はコチラ